「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

O脚の原因とその影響

O脚というのは、一般的に身体を正面から見た時に膝が外側に開いてしまっている状態です。そのO脚がコンプレックスで無理やり膝を内側にくっつけるように立ったりする方もいますが、それは逆に身体の歪みを増強させてしまうので膝以外まで悪くなってしまう可能性があります。

O脚により膝が外側に開いてしまうと外にずれようとする力が働くので膝の内側に圧がかかります。そうすると膝関節の隙間が狭くなってしまい、痛みや歩行に支障が出たりします。痛みをかばい生活を繰り返していくうちに骨盤や背骨が歪み状態が悪化しやすくなるのです。場合によっては膝の可動域が狭くなり変形を起こすのも少なくはありません。

女性に膝のトラブルは多いですが、O脚になるのもやはり筋力の問題も大きいでしょう。膝を安定させるのは脚の筋肉です。人の身体は背中と脚の筋肉が落ちやすいと言われてますので姿勢が悪くなって重心が前傾になり膝に負担かけたり、脚の筋肉が低下して膝を支えれなくなってしまったりします。なので膝の痛みを避けるためには姿勢を正したり脚の筋力トレーニングで筋力アップを図るのも大事です。

時間をかけて悪くなったものはすぐによくはなりません。姿勢を良くしたり筋トレも同じですので継続してやり、良い身体づくりをしていきましょう。

 

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP