「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今の日本は少子高齢化と、高齢者の人口が増えている状態です。老々介護になってしまったり大変な状況なのですが、今は自立した生活が送れるような介護予防が取り組みとしてあります。

ADLは「日常生活動作」の事で、Aはアクティビティ(動作)・DLはデイリーリビング(日常生活)を示します。移乗・移動・食事・更衣・排泄・入浴・整容といった日常生活の最低限必要な事です。

ADLが低下する原因は、人は年を重ねるごとに筋力や免疫力などの機能が低下してしまいます。その為に怪我や病気をしやすくなるので活動性が低下して家からあまり出なくなってしまいます。すると身体的、精神的にも様々な機能が低下していくので徐々に自立度も下がり寝たきりになって介護が必要となる。

最低限のADLを保つ為には動けないことを理由にせず、リハビリを行い生活環境を変え、例えば地域活動に参加したり体操教室など積極的に外に出て自分の能力を最大限に活かすことでADLは維持されます。

どうしても動けなくなってしまうと精神的にストレスがかかってしまいますし、リハビリも容易なことではありません。しかし生活を良くしていくのは自分次第です。1人でも多くの人が健康で元気に生活できるような環境をみんなでつくっていきましょう!

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP