「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

皆さんは身体に異常を感じるときは病院に行きますよね?それ自体は全然大丈夫なのですが、薬をもらって飲んでいる方もいますが実は飲まなくても良かったりするケースもあります。

多いのは「血圧」で血圧が高いから血圧を下げる薬を飲んでる方もいますが、若くして血圧が高いのは別ですが高齢になればなるほど薬を飲んでる方は多いですね。血圧高いのは確かにあんまりよくないですが、高齢になるにつれて血管が硬くなっていくので身体に異常がなくても血圧は高くなるので自然なことなのです。歳だからと言って血圧が高いだけで薬を飲むのはおすすめしません。血圧を下げすぎてしまうと脳に血液が回らなくて突然気を失ったり、肝臓や腎臓にも障害が出るといわれています。

風邪を引いたときも同じです。病気の症状で発熱しているのではなく、身体の中の菌を熱で殺そうとする働きなのでわざわざ解熱剤を飲んで熱を下げる必要はないのです。それに風邪に特効薬がないそうで、手ぶらで帰すわけにはいかないから抗生剤を出すそうです。しかし抗生剤は細菌感染を防ぐためであって風邪には効果はなく、むしろ飲みすぎると耐菌性ができてしまい薬が効かなくなってしまいます。

お医者さんが言うから正しい。そう思い込みすぎてはいけないかもしれません。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP