「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

ここ数年、ちょうどいい季節が少ない気がします。暑い日が終わったと思ったらすぐに寒くなってしまいますよね?そんな寒暖差で、急に寒くなってきたときの身体に起こる変化をお伝えしたいと思います。

身体は常に平常に戻ろうとする働きがあります。気温が下がった時に体温は下がらないように大きく2つの働きをします。ひとつは「ふるえ産熱」といって、寒いところにいくと全身震えたりしますよね?あのように身体を震わすことで体内から熱を作り出しているのです。ふたつめは、身体の熱を逃がさないように筋肉の緊張が起こります。全身には血管があり、その中に血液が流れていますが、身体の熱は血液によって運ばれていきます。なので気温が下がることによって身体は冷えてしまうのですが、できるだけ身体がその血液中の熱を逃がさないように筋肉が緊張を起こして血液の流れを遅くさせてしまうのです。冬になると筋肉が緊張する回数が増えてしまうので、日常の何気ない動きですら痛みが出てしまうリスクが増えてしまうのです。

急に出た痛みなら当院でしっかり診させて頂いてます。この季節の変わり目から冬場は痛みが出やすい時期ではありますので、筋肉と背骨の状態を良くして血の巡りをアップさせていきます。そうすることで痛みにくい身体もつくれますので、困った時にはご相談下さい。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP