「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今日は足首の痛みについてお話していこうと思います。最近当院ではスポーツをされていて負傷して来院される方が多いです。この時期は冷えますよね。身体がしっかりと伸び縮みがかなりしづらい時期になります。なぜかというと大気が寒いと体の熱が奪われます。体は熱を逃がさないように血管の管を細くしていくため筋肉に十分に栄養が行き届きにくくなるために柔軟性が保てないのです。十分に身体が伸び縮みしていない中で身体を動かし始めると当然痛めやすくなるわけです。そういった中で特に痛めやすい一つが足関節になります。足の甲には多数の細かな靭帯がついていて伸ばせる限界以上に伸びてしまうと簡単に痛めてしまいます。また足の甲の骨には細かい骨がいくつもついており人によっては外脛骨など本来ない骨がついていて足回りの筋肉に過剰に引っ張られてだんだん足の甲もしくはふくらはぎに痛みが走ることもあります。

こういった足首回りの痛みを取ろうと思うとまずは安静が第一ですが日常生活で立たない、歩かないということはまず難しいでしょう。そんな中で当院ではテーピングや痛めた周囲の筋肉を緩めることで回復を促進しています。また今後痛みにくいお体にするために左右前後のバランスをしっかり整えるためにB&M背骨ゆがみ整体を行っています。気になる方は一度ご相談くださいませ。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP