「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

背骨の歪みと側弯の違いってよくわかりますか?結論から言うと背骨の歪みは関節の遊びの範囲が狭い状態であり、側弯は背骨の変形なのです。

背骨の歪みは日常生活動作や仕事、スポーツなので身体の左右均等に使わないでいると深い筋肉の左右差が出来て背骨を引っ張っている状態です。深い筋肉の前後左右が均等であれば、背骨を引っ張る事もないので背骨で身体を支えられるので楽に姿勢を保つ事が出来るのです。しかし、利き腕や利き足があるので身体の使い方は左右で均等でありませんので、仕事やスポーツをしていると筋肉の緊張差が生じて不調や痛みが起こってしまいます。

側弯は背骨の変形なので、子供の場合は初期の側弯であれば、定期的なレントゲン検査と診察を受けます。側弯の角度が20°〜45°の中程度まで進行していけば装具での対処となります。装着時間が長いほど効果があります。成長が止まり、骨が成熟して側弯の進行もなければ、装具を終了します。高度な側弯であればリスクはゼロではありませんが手術になります。近年では適切な予防や対処も行われ安全性が向上しているようです。大人の場合でも側弯がゆっくりと進行する事があります。大人では投薬で効果がなければ手術を検討します。手術のメリットとデメリットを担当医とよく相談して下さい。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP