「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

基本的には睡眠をとれば大抵の疲労もとれますが、酷く目が疲れた場合は寝たとしても疲労状態が続いてしまいます。

<症状>
・目の重さ  ・充血
・目の痛み  ・頭の痛み
・かすみ   ・肩の張り etc

ひどくなってしまうと吐き気を伴ってしまうので、かなりきついかと思います。もしご自身でケアをするとしたら、まばたきを増やしてみてください。まばたきは目の筋肉のストレッチになります。普段からパソコン作業が多い方やスマホをよく見る方は眼の周りの筋肉を知らず知らずのうちに使いすぎてしまいますので合間でケアしていく必要があります。もう一つは遠くを見るといいかもしれません。眼の中には毛様体筋という筋肉がレンズの調節をしていて、近くを見過ぎていると毛様体筋が強く働き疲れます。遠くを見てるとその毛様体筋もあまり使われずにリラックス状態になるので目は疲れにくいです。

そんな疲れた目をほぐす体操があり、目を上下、左右、ぐるぐる回したりすると目の筋肉が刺激され疲れがとれます。もちろんやりすぎたらだめです。

人は寝ている時間以外はずっと目を開いて何かを見ながら生活を繰り返しています。目の疲れが出てからより、疲れる前に対策された方がいいかと思います。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP