「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今日はなぜ痛みがない時の施術も大事なのかをお話していこうと思います。

痛みとはそもそもどういう理由であるのでしょうか?なぜ必要なのでしょうか?当院にも痛みで困られて来院される利用者様はたくさんいらっしゃいます。「先生、この痛み楽にしてください」、「この痛み変わってくれるなら変わって欲しい」なんてお話をされることもしばしばです。だったら痛みってそもそもいらないのではないか?などと思われたことはないでしょうか。しかし、痛みは体の機能にとっては不可欠です。なぜかといいますと体にブレーキをかけるためです。これ以上はもう持たない、やめなさいと脳から体に送られる指令が痛みなのです。この痛みがないと体のブレーキがかからなくなり筋肉が痛もうが骨が折れようがまだなお体は動かしてしまいます。こうなると体は本当の意味でボロボロになってしまいます。

お話を戻します。痛みがない時になぜ施術するかでしたね。何度も体が痛くなったり、重たくなったりされている方の特徴は体の痛みはあるがそれでも無理をかけているという言葉が的確かなと思います。何度も無理をしていくと痛みの機能が少しずつ低下し、痛みに対して慣れてくるのです。だからこそ痛みが楽になったと感じたとしてもまだ体の負担が残っていることが多くそのまま放っておくとまた同じ痛みを繰り返してしまうのです。痛みが楽になっても油断せずに施術をしていきましょうね。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP