「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

皆さんは睡眠の時にどのようにして寝ておられますか?枕は使いますか?使わない人にまずはお伝えしておきたい事があります、枕は首や肩周りの骨や筋肉に対しての一種の施術と思っています。枕は本来、首の骨や筋肉にたいして正常な位置に寝ている間に戻すという役割を持っています。そして枕を普段から使わないと首と布団の間に隙間があるので骨や筋肉は歪みや筋肉の緊張を必ずと言っていいほど起こします。その最大の症状で多いのは肩の痛みです。その次に頭の痛みが挙げられます。

そして枕を使っていく事でのメリットとアドバイスは、身体(特に首や肩)が休まるという事です。疲労の回復と背骨の歪みを抑える事が出来るので、当然枕はしていた方が良いといえます。ですが、ここで注意点を伝えていくとうつ伏せで寝ている方に関して言うと枕は関係ありません。枕以前にうつ伏せは首にかかる負担が仰向けに比べると2倍以上も増えてしまうのです。そうなると、枕以前に寝る体勢をかえていけるほうが身体が楽になると言えます。それから横向きに寝ている方に対してのアドバイスです。横向きでも背中からみて背骨が真っ直ぐ方が良いという事です。いくら良い枕やベッドを使っていったとしても、それを使う身体を支える背骨が曲がっていては一向に身体が良くなった感じはしないでしょう。いつまでも肩や頭の痛みに悩まされるでしょう。

これらが皆さんの参考になればと思いますので、興味がある方は枕を見直してみて下さい。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP