「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は「暖かくなると痛みが和らぐのは?」について書いていきたいと思います。冬の寒い時期には筋肉や関節の痛みが増しませんか?様々な要因がありますが寒い時期は、血行不良が考えられます。寒さによって血管がせまくなるので、血行が悪くなったり、栄養や酸素を運ぶはずの血液循環も滞ったりして、身体に老廃物が溜まりやすくなる為です。その状態が続いていると筋肉が緊張してしまって柔軟性が落ち動かしにくくなりますと筋肉にも痛みが出てきますが、筋肉で動かしている関節も痛くなってしまいます。

 

その逆で暖かくなると血管は広がるので血行が良くなり、栄養や酸素を沢山運ぶ事ができますので血液循環は良くなり身体に老廃物が溜まりにくくなる為、筋肉の緊張もしにくいのです。筋肉にも柔軟性があるので筋肉や関節が痛まないのです。しかし、暖かくて痛みが和らいだだけなのでまた寒くなれば痛みが出てくるでしょう。痛みが無い生活をおくる為にもお身体のケアは欠かせません。食べ物であっても身体を温めるもとと冷やすものがあります。身体を温める食べ物を摂るように食べ方を工夫して、お身体を冷やさないようにしましょう。例えば、血行促進する食べ物は、玉ねぎ、にんにく、にら、らっきょう。血液をサラサラにするにはサバやイワシなどの青魚。果物ではりんご、サクランボ、プレーン、ゆずが身体を温めます。などあります。それでも痛みがあるようであれば、専門家に相談をおススメします。

 

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP