「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

成長痛という言葉は聞いたことがあるかと思いますが、だいたい中学生ぐらいまでの間で起こるとは言われています。基本的には原因不明と言われていますが、成長発達途中で激しい運動などをすると夜に痛みが出るのが特徴です。それ以外にも心のストレスが関係するのではないかということで、大人の場合は腹痛、頭が痛くなるような症状がありますが子供の場合は下肢の痛みとして現れるそうです。

 

痛みは長期的に続く傾向があり、痛みが引いたと思ってもまた運動すれば痛みが再発してしまいます。そのため、対処としては「安静」が基本となります。痛みがどうしてもキツイ場合は炎症反応が出ている可能性もあるのでそのときは「アイシング」といって痛めている患部を冷やしてください。*シップよりも保冷材などより冷たいものがいいでしょう。

 

多いのは膝の下、踵のあたりで起こり筋肉が強く引っ張ってしまうことにより発生します。運動盛りの子供に安静にしてもらうことは非常に難しいので、なかなか良くなるまでには時間はかかってしまいます。

 

当院にもこういった痛みで悩まれて来られる方はいます。手技で施術していき筋肉の負担をとってあげるのも非常に大事です。負担かけるだけでなくしっかりケアもしましょうね!

 

 

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP