「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

まだ4月なのに気温が28度になったり服装も難しいですが、なんせ身体がついていけません。つい最近まで20度を切っていたのに数日で7〜8度程上昇したので、寒暖差によって人は体調を崩してしまいます。

身体の中で体調を整える自律神経というのが存在します。これは自らの意思で操ることのできない自動的に調節してくれる神経です。この神経の弱点は生活リズムが崩れたり、急な環境の変化です。身体は当然ながら規則正しい生活リズムを好みます。しかしお仕事柄夜勤があったり、睡眠時間が極端に短いと身体のリズムはバランスを崩し不調が出たり負担が溜まってるところから痛みが出たりします。

もう一つの環境の変化ですが、これが気温差です。人間は7度以上の寒暖差で自律神経が乱れると言われています。体温を調節する神経が自律神経なので、急に気温が上がったり下がったりすることで体調調節機能が崩れてしまい最終不調として現れる。

どうしても不可抗力なところもあるのですが、自律神経を安定させるにはリラックスすることも重要です。自律神経が乱れてしまうと身体があまり休まらなかったりするので、休息をとりながら身体をリラックスさせてあげてください。そしたら身体が休まり自律神経の乱れも落ち着きます。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP