「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

ある時股関節が急に痛くなって、数日経つと痛みが引いていく。なんてこと経験したことはありませんか?しかしこのようなことがもし頻発しているのであれば、股関節が気付かないうちに大きなダメージが加わっている可能性があります。

股関節はある程度自由に動かせる関節ですので、その分多くの筋肉に覆われていて力を発揮する事ができます。股関節に負担がかかる時は荷重がかかり過ぎた時などですが、関節の噛み合わせにも問題があるとされています。

もともと女性は内股になりやすく、男性はガニ股になりやすい傾向ではありますよね?女性は脚を閉じることが多いのと、男性は閉じたりあまりしないので脚を開いてしまいます。こういった特性から男女で筋肉のつき方が変わってしまうのです。

内股になれば股関節が内巻きに、ガニ股になれば股関節は外巻きに捻られてしまいます。その結果、筋肉が引っ張られ骨盤周囲も歪んでしまい股関節の安定性が崩れて最終的に痛みを伴ってしまうのです。

当院ではこのような歪みや筋肉バランスが崩れている状態を施術させて頂いてます。筋肉を弛緩させて骨のバランスを整えていきます。骨組みを正すことで関節、筋肉にかかる負担を抑えるので、突発的に出た痛みに対して「そのうち痛みがとれるだろう」と思っていると重症化してしまう可能性もあるので、痛みでお困りの際は当院にご連絡ください。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP