「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

みなさんこんにちは!さすがに最近は暖かい日もなくなって寒い日々が続きますね…そんな寒い日が休みの日は暖かい家に閉じこもってしまいますよね?今日はそんな寒い日の就寝中のお身体についてお話していこうと思います。

朝起きる時や寝すぎた時に身体が痛いことはありませんか?特に寝ている時は重たい頭を支えているので首や肩周り、そして身体の芯である腰周りに負担がかかることが多いのです。寝ているのになぜ負担がかかるからです。それは、寝るときの身体の向きやベッド・枕の性質など、原因は様々あります。人は寝ている時が一番体温が下がると言われています。とくに朝方が一番体温は低くなっているので朝起き上がる時に身体が痛いことが多いのです。身体に負担を蓄積されていれば尚更のことです。では寝ている時の体温の低下にはどう対処したらいいのか?特に、ベッドではなく床に布団を敷いて寝ている方は床からの冷えが直接身体に伝わり、冷えの原因となることがあります。ですので、布団で寝る方は敷布団を暖かくすることで身体の冷えが抑えられ、朝起きるときの痛みが軽減することがあるのでぜひ、試してみて下さい。

それから、生姜など身体を温める食べ物や腸内環境を整える事もお勧めします。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP