「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は、「筋トレや運動で筋肉の痛みが23日後にくるのは?」について書いていきたいと思います。激しい運動や普段しない運動をした23日後に筋肉の痛み。そもそも筋肉の痛みは何なのでしょうか?

筋肉は繊維状になっていて、激しい運動などで部分的に筋肉の繊維が壊れて痛みを伴う状態です。痛みの仕組みは怪我や外傷と同じです。しかし、筋肉の痛みが23日後にくるのは何故なのでしょうか?よく「歳をとった証拠」と言われます。しかし、筋肉の痛みに年齢が関係はありません。負荷が強い激しい運動を行うと、比較的に早く筋肉の痛みはでます。逆に負荷が少なく長時間行う運動の場合は、遅く出てくるのです。

歳をとると激しい運動や筋肉トレを日常的に行なっている人でもない限り、筋肉を限界近くまで追い込むような運動はほとんどしなくなるでしょう。限界近くまで激しい運動などすると怪我するのでは?とセーブしてしまっている事はありませんか?そのため筋肉の痛みが遅く出てきてしまうのです。歳をとっても激しい運動をすれば、その次の日には筋肉の痛みになります。逆に若い人でも低負荷の運動によって筋肉の痛みが遅れてでてくることもあるでしょう。筋肉の痛みが遅れてきたからといって、年齢のせいにする必要はありません。注意して頂きたいのは筋肉の痛みが長引いているのであれば筋肉を負傷されている可能性がありますので専門家にみてもらいましょう。

 当院のBM歪み整体は、臨床実験でも効果が認められ特許も取得しています(^^)b当院では筋肉の痛みについて軽減実績が多数あります。ぜひ、一度ご相談ください。

 

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP