「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

足の親指の付け根が第二趾の方向に「くの字」に曲がってしまっているもので女性の方に多くみられます。その形がきつ過ぎると、突出したところと履物との間で摩擦が生じ痛みが強くでます。場合によっては脱臼してる可能性もあり手術というケースもあります。いわば母趾の変形です。

原因として遺伝的な要因も言われたりしますが、一番多いのは「靴」です。お分かりだとは思いますが、例えばヒールの高いものやパンプスはつま先にかけて細く硬くなっている構造が多いです。もちろん靴からしたらデザインなので仕方ないのですが、お仕事柄や普段からこういった靴を履かれていると母趾に負担がかかり変形します。

症状はどうかというと、突出してしまった部分が靴と擦れて炎症を起こし腫れや発赤を生じます。そうすると歩行時に影響が出てしまい、指の形によっては神経を圧迫し神経痛を起こしてしまうこともあります。また母趾をうまいこと使えずにかばってしまい第二趾をつかっているとタコができてしまったりと痛みが拡大してしまいます。

対策としては外科的手術をされる方もいますが、多くの方は保存療法を選択されます。テーピングで足にアーチをつくったり今は市販で足の指を正す装具も売っています。あとは靴に足底板などを入れてアーチをつくることもあります。

意外と諦めている方も多いですが色んなやりかたはありますので是非試してくださいね。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP