「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

あまり多くはないですが中には呼吸がしにくくなる方がいますが、その原因は何なのか?

 人は呼吸をするときに鼻から吸って口から吐くのを繰り返しで胸を膨らます胸式呼吸が多いです。実は普通に呼吸はしていますが、呼吸をするためにも筋肉をつかって呼吸をしています。

 肋骨や首には呼吸筋と呼ばれる筋肉があります。息を吸って肺が膨らむと同時に胸郭(アバラ)を広げるように筋肉が引き上げます。この連動した動きが無意識のうちに身体はしているのですが、では呼吸筋の働きが悪くなるとどうなるでしょうか?しっかり胸郭を広げることができなくなるので肺が膨らみきらなくなります。そうすると呼吸が浅くなりやすく酸素を身体に取り込む量を減ってくるので結果身体の不調に繋がりやすくなります。

 どうすればいいのか?最低限呼吸筋を緩めてあげるのと、おそらくその周囲の筋肉も負担がかかっていて動きが悪いはずです。

 当院でのやり方としてはまず関連する深層の筋肉を緩める手技のアプローチとB&M背骨歪み整体を行い背骨の動きを良くして肋骨の働きを良くします。当院にこのような悩みで来られる方は皆さん身体にものすごい負担を抱えています。お悩みの方は気軽にご相談くださいね。

 

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP