「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

人間の身体の働きとして回復力というのがあります。ふとした際に痛みが出たりすると思いますが、その痛みを回復させるのは「血液」です。血液には酸素と多くの栄養が含まれていますので全身の血液循環が良いとあらゆる組織の回復力が上がります

血液には大きく2種類ありまして、それが「動脈血」と「静脈血」です。心臓から送り出されるのが動脈で各全身の筋肉・組織にいきわたります。そして汚れた血をまた心臓に戻し肺に送られ酸素や栄養を沢山含んで心臓に再び戻る。このことを体循環・肺循環と呼ぶのですが、この循環を繰り返すことによって身体が痛むときには回復力があがり、身体の調子を整えることができます。

基本、動脈は一方通行に血液が流れるのですが静脈は下から重力に逆らって戻ってくる血液なので静脈には血液が逆流しないように「弁」という蓋があります。しかし何らかの原因で弁にトラブルが起こってしまうと血液が逆流して循環が悪くなってしまい、結果その部分の筋肉に疲労物質が溜まって痛みを感じてしまいます。

筋肉にはポンプ作用があります。特にふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、下から上半身に向かって静脈を押し出す役割があります。血液循環が悪いということは筋肉の機能を高めてあげれば解消されますので、その為に柔軟性が大事です。

身体に痛みが出てしまった時には筋肉の質を変えてあげる必要があります。当院でも筋肉に柔軟性をつける施術を行っていますのでお困りの際はご連絡ください。

 

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP