「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は「冷えると膝が違和感・痛む」を書いていきたいと思います。寒くなってくると冷えから膝に違和感や痛む事で医療機関を受診される方が増えていきます。冷えから身体の節々に違和感・痛みを生じやすい一番のシーズンといえます。気温が下がると血管が収縮を起こし、血行が悪くなり栄養や酸素の循環が滞りや、疲労物質や発痛物質が溜まりやすい状態になります。こうした悪循環の繰り返しによって膝の違和感・痛みが起こると考えられます。
では、対策はどうすればよいでしょうか?身体を温め十分な睡眠と休息をとり、疲労物質を蓄積させない事が必要です。適度な運動を取り入れて身体の活動を維持し、血行の流れを促進させることも大切です。最近では保温性の高いインナーウェアがありますので、そちらを活用するなど動きやすく、温かい服装や身体を温める食事を摂取する事を心がけましょう。
しかし、膝が痛いのに身体を動かすのはとても困難なことです。まずはカロリーコントロールで減量してみましょう。ただし無理に食事量を減らす事は控えましょう。そして、靴底が1cm以上ある厚めの靴をはく事で膝への負担を軽減させます。
膝の違和感・痛みが酷い場合は、専門家に膝周りの筋肉に柔軟性と背骨を整える事で膝の荷重が軽減されます。しっかりと対策をしていきましょうね。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP