「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

皆さん、冬になると身体の関節が痛くなるような経験ありませんか?なぜ冬になるとこういった痛みが出るかと言いますと、血液循環の悪さや筋肉の緊張(硬さ)が原因であることが多いです。

筋肉が硬くなってしまうと血流が悪くなってしまい状態が良くないことになってしまいます。そうすると関節を曲げるのに必要な筋肉を使う時に無理やり動かしてしまうことになるのでかなり筋肉にストレスがかかります。

関節の中には軟骨があり、クッションの役割があります。なのである程度の負担がかかったとしても痛みは感じません。しかしスポーツや仕事などで身体のキャパ以上に負担をかけすぎてしまうと軟骨もすり減ってしまい痛みを伴います。それに一般的には体重が1キロ増加すると腰や膝には約3倍もの負担がかかると言われますので、肥満対策も関節には大事ですね。

痛みを出ないようにする為には、日頃からのメンテナンスが重要と言えます。関節は消耗品ですので使えば使うほどバランスが崩れてしまいます。腰でしたら同じ態勢を長いこととらないようにして定期的にストレッチをしたり温めたり、膝だとウォーキングをして筋肉をつけると痛みの予防にはなります。どの部位に対しても温めたり筋肉をほぐしていくのは大事です。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP