「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

痛みが出た時の対応として皆さんはどうされますか?急激な痛みだと患部をアイシング(冷やす)したり、ストレッチをしてみたりされる方もいるかと思います。でもどうしても痛みがきつい時には薬を飲まれませんか?その痛みを抑える薬でも内容が少し変わってくるものがあります。

今回はタイトルにもあるようにロキソニンとバファリンの違いについてですが、皆さんは両方同じような「痛み止め」という認識ではありませんか?確かに痛みを止める目的ではありますが細かく分けると少し違ってきます。簡単に言うとロキソニンは消炎作用があり炎症を抑える薬でバファリンは痛みを脳へ伝える神経を抑制する薬です。なので痛みがあり炎症反応が出ているのにバファリンを飲んでも炎症が引かないので痛みがマシにならないことがあります。なのでもし薬に頼らないといけないぐらいの痛みだとしたら間違えないようにしましょうね。

しかし薬で良くなったからといって根本的に良くなったとは言えないです。筋肉に負担をかけて炎症が起きたなら、その筋肉に対してしっかりアプローチをして緩めていかないといけません。当院では痛みの出やすい深層の筋肉へのアプローチとB&M背骨歪み整体を行い日常で歪んだ背骨を整える事で筋肉への負担をさらに軽減させます。

急な痛みは放っておくと悪いクセとして再発しやすくなりますので早いうちに対処しましょうね。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP