「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

皆さんは日常的にスマートフォンやパソコンを使いますか?最近ではその画面から発せられる光(ブルーライト)が出てきます。近年ではブルーライトカット眼鏡が多く発売されています。今回はそのブルーライトについて書いていきます。

そもそもブルーライトとは何でしょうか?人間が視認できる可視光線の中で最も波長が短く、エネルギーが強く持っており角膜や水晶体を通過し角膜まで到達する青色の光です。可視光線の中で最も紫外線に近い光です。LEDディスプレイやLED照明に多く含まれています。このブルーライトを長時間受け続けることで眼や身体に多大な負担がかかると厚生労働省が発表しており、人間は光を受けることで体内時計を調節する機能を持っていますが、夜も明るい環境や、夜遅くまでパソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活は、体内時計が乱れ、自律神経系や内分泌・免疫にも悪影響となります。寝付きが悪く、睡眠の質の低下も、症状の一つなのです。網膜が強いブルーライトの刺激を受けるのは、脳は「朝だ」と判断します。近年では自動カーテンがあり、朝日で起こす目覚ますといった体内の仕組みを利用しているのです。

睡眠は人生の約1/3は寝ています。多くの方は朝に起きて活動を開始します。毎朝を快適に迎えるために寝る前にスマートフォンやパソコンを控える理由があるのは上記に述べた事があるからです。気持ちよく朝を迎えるのが良いですよね。

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP