「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は、「スマホ首・ストレートネックの症状」について書いていきたいと思います。元々、首は横から見て緩やかにカーブしています。それがPCやスマホの長時間の使用でのぞき込むような姿勢が続く事で、首のカーブが徐々に失われて首が斜め前に真っ直ぐになった状態です。

日本人の約9割はストレートネックだと言われています。しかも自分では気づいていない方も多数いるようです。頭の重さは約体重の1/10と言われていますので、体重が60㎏であれば頭は6㎏もある事になります。首が横からみて緩やかにカーブしていれば、頭の重さを分散して支えられますが、スマホ首・ストレートネックだと首周りや肩の筋肉に負担がかかり、首から肩の血行が悪くなります。そうすると肩の痛みや頭の痛み、吐き気、めまい、耳鳴り、手のシビレ、握力低下などの様々な症状を引き起こしてしまいます。

スマホ首・ストレートネックになってしまう原因はPCやスマホ操作などでの前かがみ姿勢にあるのです。長時間、前かがみ状態を続けていると首や肩の筋肉が緊張し首の骨が引っ張られる状態になり、その結果、首のカーブが失われていきます。こうなるのは短い期間ではなく、日々の積み重ね、長い年月をかけて進行してしまいます。予防の為にも日頃から首や肩の筋肉を緩めるようにストレッチをするようにしましょう!

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP