「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

ストレスとは、外部からの心理的・感情的・環境的・物理的なものによる負担や刺激によって引き起こされます。

ストレスに大きく関与してくるのが自律神経です。その自律神経は二つに分かれ、交感神経と副交感神経があります。交感神経は身体を活発に動かす神経で、俊敏な反応ができるよう筋肉を十分動けるようにしたり、エネルギーを供給します。副交感神経はリラックスさせる神経で血圧を下げたり、いつくるかわからない危機的状況に備えて栄養を蓄えようとします。

この自律神経が身体の調子を整えているのだが、最初書いた要因から日常的にストレスを感じてしまうと何かしらの症状として身体に現れます。ストレスの初期から感じるものは、眼の疲れ・肩の負担・朝スッキリしない・立ちくらみしそうになる。こういったものがあり、これが慢性化すると、疲れがとれない・些細なことでイライラする・仕事への気力がなくなる・寝つきが悪い。などの症状のレベルが上がってきます。さらに深刻になると日常生活に悪影響を及ぼすでしょう。

ストレスを解消することでこういった症状は減ってきます。その為にはまずは身体をリラックスさせることが最重要です。なかなか難しいですがこれがあるだけで全然違います。身体を捻ったり打ったりするだけでなくストレスからも痛みを感じてしまうのでご注意を

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP