「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は「しもやけについて」で書いていきたいと思います。しもやけは寒さから、指、足先、耳、などに「しもやけ」ができやすくなります。しもやけは血行障害が起こる皮膚の炎症なのです。赤く腫れて硬くなる症状の他に、寒い場所では痛みが起こり、温かい所に入るとかゆみがでるのが一般的です。そして、血管が細い個所に起こりやすく子どもや大人の女性に多く見られる症状です。

そして、子どもと大人ではしもやけの症状が違うのです。子どもの場合は、手足全体が腫れて硬くなります。大人の場合は春が近くなる頃に現れ、斑点ができ症状が進んでいくと水ぶくれ、ただれが起こる事があります。

しもやけは手や足に痛みとシビレがあわさったようなジンジンとする症状が特徴的です。これは気温と血管の関係によって起こります。冬になって気温が下がると血管は収縮して細くなり、血流量を減らそうとします。これは体温を逃がさない為です。そして温かい部屋などに入ると血管は元に戻ろうと拡張します。ところが動脈は太く、静脈は細く太さが違うため、拡張と収縮に時間の差ができその差が起こることによって、身体の部分に血流の悪いところができ、特に手足の指先は血管が細い為、血行障害が起こりやすく「しもやけ」になります。

では予防策や対処方法は、身体を長時間冷やさない事と冬の運動の後はしっかり汗を拭いて着替えるようにしましょう。そして、身体全体の血流を良くし冷えないようする為に専門家による施術をおススメします。

 

「瓢箪山駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP